ふくらはぎの筋肉を緩めたいのに揉んでも押しても硬く痛くなりました。その理由は?【日記】

ふくらはぎの筋肉を緩めるためにどうしたらいいですか?と聞かれたら揉んだり押したりすれば良いと思いませんか?

でも逆に筋肉を硬くしてしまっています。信じられませんがホントなのです。

 

先日、いつも以上に立ち仕事が長くふくらはぎが張っている状態でした。

以前から筋肉をゆるめるためには撫でる事が大事と書かせて頂いておりますが。

 

実験の様な感覚で、揉みほぐす様に押したりしました。

その場ではふくらはぎ全体は柔らかくなっています。

、、、だけど、数分後また作業を開始しようと動き出した時に、痛みと足の怠さを感じました。

かなり怠い感覚になり、、、昔の学生時代に感じてた怠さをまた思い出した感じでした。

 

筋肉を揉みほぐす事は筋肉の繊維をブチブチ切ってしまっていて、余計に身体に痛みを与える事をしています。。。

筋肉の繊維は本来は緩まっているのに、身体の疲れや猫背、その人の身体のクセ等で捻れたり絡まっていき、硬くなっている事が多いのです。

それなのに、余計に揉みほぐす事は緩めたい逆の事をしています。

なので、結局の所筋肉をゆるめるのには、優しく筋肉に触れて揺らす事や、撫でる事で絡まってた繊維を解放させてあげる事なのです。

ゆるめるとは、筋肉の繊維を広げる事とも言われています。

筋肉は拡張させる事が大事 なのでした。

その為には優しい力で身体に触れる事、撫でる事でどんどん今まで逆をしていた揉みほぐして硬くなってた筋肉はまた柔らかくなっていきます。

改めて揉んだり押したりは危ないな、、と体感した内容でした。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。



  5mail

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 



*プレゼントLINEのお知らせ*

  友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから友達申請できます!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

撫でるだけでダイエットできます

プレゼントLINEはじめました!

友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから

ページ上部へ戻る