さとう式セルフケアマスター講座3回目終えて 受講して良かったと思える事

今年に入って直ぐ、セルフケアマスター講座の三回目の最終日が終わりました。

 

関連記事:セルフケアマスター講座初日ブログ

関連記事:セルフケアマスター講座 二回目内容

 

3ヶ月を通しての講座期間での気づきがありました。

そしてさとう式セルフケアマスター講座を受講できてほんとうに良かったと思えた事も改めて感じました。

 

セルフケアマスター資格を取得するために課題がある

 

三回目の最終日の内容はセルフケアマスターの資格を取得する為の課題練習でした。

さとう式リンパケアの理論の説明をインストラクターの先生に提出する事や、実際に今まで教えてもらった基本のセルフケアのやり方などです。

 

さとう式の理論。と聞いて、今まで何となくぼや〜んとしか頭に入っていませんでした。

それを自分の口で説明するとなると正直言葉では出てきませんでした。

 

理論と聞くと難しいとか、固い印象があるとは思います。

しかし、改めて理論とは?って自分の腑に落とす時間がとても必要でした。

 

理論を少しづつでも腑に落として行くことで、セルフケアの効果も違ってくるのです。

関連記事:たった3つのポイントで 分かりやすくさとう式リンパケア理論を解説します!

 

セルフケアは自分のポジションで心地よく

 

セルフケアマスター講座を受けてる中でさとう式はホント自分との向き合いにも繋がっているとちゃんと自分でも感じてきました。

 

やり方はいくらでも動画でアップされています。

それに別に教わらなくても効果は出やすいのがさとう式リンパケアなのですが。

 

たしかに自分でも出来る感じがします。動画通りやれば肩は軽くなった感じもします。

 

でもつい正しいやり方にこだわり、さとう式の大事なゆるむという感覚から離れてしまいます。

正しいポジションで、正しいやり方で!という気持ちが頑張る気持ちになります。

 

頑張ってやっていると、本当に身体が楽で出来ているならイイのですが、この位置でやるの実は辛い、、とか、疲れるがあると逆に固くなると感じます。

 

それで結果的に疲れるし継続しなくなります。

 

しかし、セルフケアマスター講座での教えて下さった なかだ先生 は毎回自分の心地良い所でケアする事が一番大事だと繰り返し伝えてくれました。

 

ポイントを押さえ、あとは自分が楽な位置で腕を回したり触れたりする事でゆるみ方が違う。

そもそもセルフケアとは自分が気持よくなる為だと繰り返し伝えてくれました。

 

だから受講して気づきがあった

 

上記の様に、やり方にこだわって正しい腕の位置で正しい回数をやらなきゃと、無意識に頑張ってしまう事。

 

普段から 本人が知らない内に頑張ってしまって身体を固くしてる事があります。

 

ボクが特にそれだと思います。

セルフケアマスターを受講する前、実は違和感があった箇所を無理にケアしてたりしてました。

 

それが中々身体のゆるみを実感出来ていませんでした。

 

でも本当にその時には自分では分からない事でした。

 

講座中では、その都度どう自分が楽な所で出来るか?というところをアドバイスしてくれました。

 

ほんとうにちからなく、頑張りなく出来るポジションを一々見つけてもらえる感じで。

 

小さな違和感を感じてそれを相談すると、、だったらこの位置は?とか、ここだったら・・・

という様に細かく丁寧にアドバイスしてくれた事も講座を受ける事で気づかせてもらった事です!!

 

インストラクターの先生が繰り返し伝えてくれた事

 

繰り返しになりますが、、受講中に何度もインストラクター なかだ 先生が伝えてくれた事があります。

 

自分に優しくする、ケア方法は自分が楽に心地良い感覚でやる事。

 

たとえ頑張ってしまった部分や、中々上手く行かなく感じても、それでも否定しない。

自分を許す事? OKを出すこと。などなど。

 

さとう式リンパケアを考案した、さとう先生も、少しでも良い光の方向を見る事を言っていて、なかだ先生も ネガティブも全然良くて、痛みも受け入れてOKを出していく、、、、

 

心理系ですが、、、とにかくゆるく、とにかくOKで、なかだ先生の講座は毎回そんなゆるい感じなのでした。。

 

なので、焦り易いボクやネガティブをダメだと感じ気持ちが沈み過ぎても、あの空間はなんか気持ちからゆるんでいく という感じでした。

 

はじめに受講しようと思った時の、きっちりセルフケアの手技を覚えて、自分の結果(細くなったり、身体も軽くなったり)出して頑張って!頑張って!、、、

というガチガチな感情がかなり薄くなり最終日を終えたと感じます。

 

まとめ

 

僕はセルフケアマスター講座を受け、インストラクターのなかだ先生 先輩方の話しや、向き合い方を直に聞いたり触れたりする事で、より自分への向き合い方に真剣というか、、、、

ほんとは辛いのに、身体を動かしてたり、無意識な頑張りも気づかない内にどんどん膨らませて疲労困憊になっていたんだ、というそこで初めて気づけた事もありました。

 

セルフケアは身体をゆるめる為に、さとう式リンパケアで大事なリンパ間質液の循環を整える為に、やり方は勿論大事です。

でも精神性とか、向き合い方がほんとうに大事だったんだと、改めて気づかせてもらった事です。

 

それと、身体も気持ちの面でも一気には変わらないこと。

良くなって、また下がって、ケアしてまた良くなって、、、、という感じで変化はしていくものらしいです。

 

焦らず、徐々に変化を感じる事も大事なので、これからやっていきます。

 

自分のための記事になりましたが、お読み頂き下さいまして、ありがとうございます。



  5mail

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 



*プレゼントLINEのお知らせ*

  友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから友達申請できます!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

撫でるだけでダイエットできます

プレゼントLINEはじめました!

友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから

ページ上部へ戻る