仕事上で無視出来ない嫌いな人!考え方次第で楽になる魔法とは?

仕事上での人間関係のストレスは仕方ないし、自分が我慢してればいいや…と真面目でいつもコツコツ頑張っているあなたへ。

 

表面では自分が我慢してれば、、、あの人嫌いだけど、、ここで文句言ってもなぁ。。。一緒に仕事を進めなきゃいけないし無視とか出来ない。。。

 

と、多くの悩みを抱えて、それが結局自分にストレスでダメージを食らう事ほど馬鹿らしい事はない!って言いたいんですが、仕事上仕方ないよ、、と落胆する前に、自分の気持ちと考え方を少し変えるだけで凄く楽になっちゃうのを書いていきます。

スポンサーリンク

組み作業では無視なんて出来ない嫌いな人・・

一人作業ならまだしも、二人一組みで作業でする時は嫌いな人とペアで組むんだから嫌な気持ちを抑えつつ我慢しながら。。。でも本音はツライ!!ですよね。。。

 

でも、相手は変える事が出来ないから悩んでいるあなたの気持ちが凄くよく分かります〜〜気持ちがどよ〜んですよね。

 

いつもは嫌なまま我慢して。という気持ちから、少しだけあなたの考え方を変えるだけで、目の前の嫌いな人が好きになってしまう錯覚?があるんです( ´艸`)ムププ

はっ?何言ってんの!?って思いますよね笑

 

嫌いな人を少し違う目線で見てみると・・?

目の前の人の嫌いな部分。例えば文句をよく言う部分だったり、凄く嫌な感情で話して来たり、、色々あると思います。

 

その時にいつもと違う目線で見てみるとは。

 

・・・一歩引いて見てみる。

 

例えば、この人にも色々嫌な出来事とか、この人にも自分と同じように嫌いな人がいるんだよな〜という気持ちを持ちつつその時間を過ごしてみて下さい笑

具体的には?一歩引いて見てみる。

 

うーん(~ヘ~;)意味が分かりずらく難しいよー。。って言う感じですよね。。

こっちが一段上の高さになって、嫌いな人を分かってあげるイメージ。 「今日もこの人イライラしてるなぁ〜。でもこの人も疲れてるんだよね。。分かる分かる。」とか、「はぁ〜、、この人いつも周りの事を考えずに自分のペースでやって嫌だな〜。あっ、でもこの人のお陰で仕事スピード上がったよな」

スポンサーリンク

難しいけど意識し続けていると・・・?

なんだよー。意味分からないし、なんで嫌いな人をこっちが分かってあげなきゃいけなんだよ!!という言葉が出てくるのも分かります( ´艸`)

でもこれを意識して続けていると、ある日から少しづつ相手との距離感?に余裕が出てくる時があります。

 

今までは、嫌な人と同じ土俵でいたので、同じように自分もイライラの気持ちが強くなり、単純に嫌だというストレスの渦を抱えながら続けいたのが、一歩引いて見れるという事は、余裕が持ててる証拠だし、不思議と心が穏やかに楽になる瞬間がくるんです!!

 

相手も時々穏やかになる?

これは絶対の確信はまだ無いのですが、、こっちがそういう目線で相手を分かって上げると、相手も勝手に知らない間に穏やかになって、嫌な面が無くなっている事が僕の場合にはあったのです!!

 

しかも一人でだけでは無く、そういった感じで嫌だなと思っている人に試してしたらいつの時からか、優しくされてたり、相手からしてもらったり。嫌だと思ってる人との関係が穏やかになる魔法の様な事の様に感じています。笑

 

でも毎回、毎回、嫌な人が良くなる訳では無く、当然嫌な事もあります笑
そして、これをしたからもうその人が変わったなんて事はなくて。

まとめ

馬鹿らしくてやってらんないよ!とか、やる気が起きないとかあると思いますが、、、自分よりも相手を優先してきて波風立てずに頑張ってきたあなたのストレスが軽減されたり、嫌な人との関係が少しでも楽になればと思い書きました!

 

僕もこれは騙されたと思って最初は始めてみました!そしたら少しづつではありますが、全部が全部ではありませんが、嫌いな人や苦手な人が前に比べて接し易くなったのが感じるこの頃です。。。

 

なにか参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク



  5mail

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 



*プレゼントLINEのお知らせ*

  友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから友達申請できます!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

撫でるだけでダイエットできます

プレゼントLINEはじめました!

友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから

ページ上部へ戻る