相手と比べてしまう時の自分の状態とは?

〜いつもありがとうございます〜

 

今日もいつもと同じ時間に記事を書いています。

 

いきなりですが自分と他人を比べてしまう時ってありますか?

 

 

自分は自分で他人は他人と別に比較なんてしなくいいと頭で分かっていても

いざ日常を送っていると無意識に比較していたなとつくづく感じました。

 

スポンサーリンク


昔ほどはひどくありませんが、比較の部分が強くあったときは相手より自分のここが劣ってるとか

相手より劣ってる出来ていない部分に焦点を当てては落ち込んでいましたし、

逆にこの人よりは自分の方が出来てるからこっちが立場上!のような優越感もありました。

 

こういった内面から生きづらさを感じていたことにも繋がります。

ホントに辛いですよね…

 

最近ではそういった他人と比べてしまう自分自身から一度立ち止まって考えられる様になってきたので、

それを自分のメモとしてもこれを読んでくれた同じ悩みの持つ方に何か届けられればなと書かせて頂きます!

 

相手にも少なからず悩みはあるという自覚

 

 

ある言葉を聞いて楽になったのがありそれは

相手にも相手の抱えてる問題悩みはあるという事。

普通に考えれば当たり前というかそんな事わざわざ言うまでもないでしょ!?って思いますよね笑

 

僕はこれを考えれないまでも自分の事しか頭に無いくらい自己中心的な世界だったんです。

自分の中にある劣等感やそれ以前のマイナスな悩みや劣りにばかりフォーカスなので

余計に相手や周囲が何か上手くいったり楽しそうにしてるのをみると自分なんてと比較して落ち込んで、

自分だけがという狭い世界にしていました。

 

スポンサーリンク


でも実際にその相手もちゃんと悩みや抱えてる問題もあるしダメな所もあるし、

完璧な人なんていないって当たり前の事を理解してから楽になりました。

 

それまでは自分の劣ってる立場をダメージを負ってる姿を見せたくない為にエセポジティブな自分とか

相手には負けない!みたいなギスギスした感情を表現していたので苦しかったんです。

常に競争みたいで。

 

もし他人との比較してしまう人はまず自分だけが問題を抱えてる立場ではなく皆なにかしら

抱えているんだという視点にちょっとづつ考えを変えてみたら楽になると思いますし、

相手に優しくなれる自分になれると思います。

(自分だけだったらすみません・・笑)

なにか参考になったら嬉しいです!

 

今日もありがとうございました!

 

スポンサーリンク



  5mail

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 



*プレゼントLINEのお知らせ*

  友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから友達申請できます!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

撫でるだけでダイエットできます

プレゼントLINEはじめました!

友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから

ページ上部へ戻る