トレーニング原則【個別性の原則】他人と比べない事が楽しく出来る理由^^

こんばんは。

トレーニングをする上で、一人でやる事があるだろうし

スポーツなどの団体競技は複数人とトレーニングをする事はありますが、

僕も含めて、今は特に周りに合わせてトレーニングをする事はないと思います。

その中でトレーニング原則の【個別性の原則】について。

スポンサーリンク

【個別性の原則】

 

年齢、性別、身体的特徴、能力、

性格、目的、生活習慣、が人それぞれ違う中で、

その人に合った現時点での、自分の立場を理解して

トレーニングに取り組む事が大事というのが

【個別性の原則】です。

 

これを理解してないままトレーニングをしてしまうと、

目的を見失う事や怪我も、トレーニング自体の継続も

怪しくなってきます。

 

家でトレーニングしていても

 

家でのトレーニングをしているからと言って、
全部が解決とは言えません。

トレーニングメニューを調べたとして、サイト上で紹介しているものを

参考にするのは勿論良いのですが、そのメニューを無理してこなしたり

初心者がベテランのような高強度のトレーニングに挑むのは、

怪我の原因にもなってしまいます。。

 

僕の場合で書かせてもらうなら、

外でジョギングをする時に、公園などでは他にもジョギングをしている

人たちについスピードを合わせて、いつも以上に早く走って結果的に疲労感が

半端なかったり、自分の目的とは違うので効果も実感出来なかったり。。。

スポンサーリンク

時には誰かと一緒に

 

だからといってずっと一人で黙々とトレーニングするのも良いのですが、

時には誰かと一緒にやった方が楽しさやモチベーションアップにもなります。

 

この時もその人のレベルと、自分とのレベルや目的や現段階が違うので、

そこの理解を持って行う事も大事です。

 

自分との向き合う事で競争する事はなくなる

 

結局は自分との向き合いと対話でする事で、自分は自分と受け止めて

比べる様な事も必要なく、今の自分の階段を少しづつ登っていく事の大事さが

実感できると思います!!

 

前までは周りと比べて自分は・・・と比較して落ち込んでいましたが、

今は外に意識することがどれだけ意味の無いものか、

トレーニングを苦しくさせているか理解出来てきています。

 

競争の意識や比較ではなく、自分を高めるための、

自分を大切にするためのトレーニングだという意識の方が

遥かに継続する事にも繋がると思います。

 

ありがとうございました!

スポンサーリンク



  5mail

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 



*プレゼントLINEのお知らせ*

  友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから友達申請できます!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

撫でるだけでダイエットできます

プレゼントLINEはじめました!

友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから

ページ上部へ戻る