僕が一日一食を続けて一ヶ月。気持ち変化メンタル改善が徐々に。

腸内環境を整える事から食事の改善を見直していたらいつの間にか「一日一食」という、今までに考えた事もない事を一ヶ月続けています。

 

一日一食に関しての内容の本でも出ていますし、実は有名人の多くも実践しているらしいです。

 

普通に三食を食べているあなたや、昔の僕のからしたら一日一食はありえないかもしれません。

 

でも一食に変えたらまだ一ヶ月間ですがこんな変化がありました。という内容をかいていきます!

スポンサーリンク

一ヶ月で気持ちのメンタル面が徐々に変わってきた

 

実際に12月始めから一食にしてから変わった変化とは、気持ち的なメンタル面の変化を感じきています。

 

食事を減らす=ダイエット効果を期待する事がほとんどだと感じますが、、、気持ちの変化を感じた事が僕は第一でした。

 

以前なら、仕事中イライラして、そんな自分に自己嫌悪とか、グラグラなメンタル。

 

直ぐに不安を感じたり、あぁ〜嫌だな。。。というなんか常にため息とか、だるさを感じていました。。

 

しかし一食に変えて一週間もしないうちに、気持ちの変化を感じはじめました。

 

・とにかく気持ちのスッキリ感。気持ちの余裕。

・気持ちが重くならず心が軽くなっている。今までの不安感が減少してきている。

・周りの小さな事にイライラ感が出にくくなってきた。

・集中力が上がった

 

なんかめっちゃ変わった!という事ではないですが、じんわり徐々に感じてきている変化が凄く嬉しいので、一食という未知な事を続けているのもあります。

 

スポンサーリンク

自然とチョコレートは欲しくならなくなった(お菓子全般)

 

そしてお菓子系は自然と、欲しくならなくなっているのもあります。

 

大好きなチョコとか甘いお菓子はいきなりやめると後でリバウンドするっていう事もあったので、昔は量を少しづつ減らしたりしてましたが、結局続かず、制限していた分余計に食べてしまい、また自己嫌悪だったり、体重増加だったり・・・・最悪のサイクルに。。

 

でもここで一食に変えてから、最初は食べたい気持ちが出てきますが、一周間食べない週を作ったらいつの間にか欲しくならなくなりました。

 

絶対に食べないというのではなく、ケーキもチョコも時々食べていますが、以前の暴食したり無意識にテレビを見ながらお菓子を食べるという事はなくなりました。

 

腸がスッキリすると感情もスッキリ

 

おそらく僕なりの感じたことは、腸を休める事で気分の安定に繋がっていると感じます。

 

必要以上に食べているとその分腸は働かなくちゃいけないから、そこにエネルギーを使ってしまい、なんとなくだるい感じや、不安、イライラ感を自分が作ってしまっていたのでした。。

 

それで調べていくと、定期的にファスティング・断食をしている芸能人も多くいることが分かりました。

 

その中でも、ロンドンブーツの田村淳さんもファスティングを行っているようで、ダイエット目的ではなく、一度身体の老廃物をデトックスする為に行っていると何かのサイトで紹介さてれおりました。

 

それだけ腸内を一度すっきりさせることが重要なんだなという事が分かります。

 

まとめ

 

これからも続けていきます。意気込まず笑

 

気持ち的な変化の中に、気持ちの余裕も生まれる事で、無理してダイエットしたり、嫌々筋トレしたりする事も減ってきています。

 

とにかく腸内が大事だと言うことは基本で、それが結果的に一食になったというのもあります。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



  5mail

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 



*プレゼントLINEのお知らせ*

  友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから友達申請できます!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

撫でるだけでダイエットできます

プレゼントLINEはじめました!

友達登録で、撫でるだけでダイエット出来るセルフケア電子書籍をお届けします。

こちらから

ページ上部へ戻る